成功は幸運と受け止める

バイクに乗るときは風に対して配慮する

 バイクと車で大きく違う点と言えば、それは吹いている風の影響を受けるかどうかということです。車はいくら強風にあおられたとしても、そこまで風の影響を受けることはありません。四方をしっかり車体がガードしていますから、よほどムチャな運転をしない限りは風をやり過ごすことができます。
 しかし、バイクの場合は決してそういうわけにはいきません。バイクは自分の体を覆う遮蔽物がありませんから、風が強く吹けば吹くほどその影響を受けやすくなります。

 

 たとえば、強烈な向かい風だった場合、かなりアクセルを強くまわさないと思うように進んでいかないときがあります。強烈な向かい風ということは、バイクの車体と自分の体全身で風を受けてしまいますので、その分推進力が落ちてしまいます。
バイクの売り方はここを見ると詳しい情報が載ってます→バイク 買取一見の価値あり。

 

 また、向かい風ならまだしも強烈な横風には特に注意しなければなりません。横風にあおられて車体が傾き、転倒してしまうおそれがあるからです。
 ですので、バイクに乗るときは風に対して配慮しなければならないのです。